梅のトップブランド|訳あり商品とは|通販サイトでお得にカニなどの贅沢グルメを注文

訳あり商品とは|通販サイトでお得にカニなどの贅沢グルメを注文

レディ

梅のトップブランド

梅干し

高級品として確固たる評価

梅といえば古来から数限りないほどの和歌や俳句に詠まれてきたことからも分かるとおり、日本人に最も愛されてきた花の1つです。また、その果実は梅酒や梅干しの材料として親しまれてきました。そんな梅の中でも、最高品種として抜群の知名度を誇っているのが南高梅です。南高梅の起源は、明治期において梅の名産地として知られる和歌山県で原木が発見され、これを母樹として栽培が行われたことに始まると言われています。その後も調査研究が続けられた後、1950年に南高梅と名付けられて現在に至っています。1965年には国の種苗名称登録も受けています。ちなみに「南高」とは、原木の発見者と調査に尽力した高等学校の名に由来しています。

やわらかさが人気の秘密

南高梅の特徴は、1つは果実が3センチメートル弱と大ぶりのものが多いこと、そしてもう1つは皮が薄くて果肉が厚いことにあります。そのため梅干しにするとたっぷりとした果肉がやわらかな食感をもたらし、そのおいしさは格別であると言われています。さらに香りも桃に似たほんのりとした甘さがあります。また、やわらかさゆえに収穫や加工が機械化に適さないため、もっぱら手作業によって一粒一粒が大事に扱われていることも特徴の1つであると言えます。こうした特徴から、南高梅は数ある梅の中でも特に高級品として人気を集めています。価格は輸入品の梅に比べると2倍近くなることもありますが、南高梅を使った梅干しは季節の贈答品などとして非常に喜ばれています。